**RIGA歴史地区観光①**

   RIGA
   
   バルト三国二か国目で朝を迎えました



   朝食前に街歩き

   
c0216472_20301578.jpg














c0216472_20303327.jpg




   日本食のレストランのようです



   
c0216472_20305929.jpg





   RIGAも
   快晴のようですね










c0216472_20311711.jpg














   
c0216472_20322254.jpg












   Nikon
   
c0216472_20324186.jpg












c0216472_20331961.jpg


   SONYデジカメ


   朝食まで時間があったので
   ホテルの最上階に上がってみました


   遠くに見えるのは
   リが大聖堂かしら?







   
c0216472_20373600.jpg






   今朝も
   たくさん楽しみましたぁ





   美味しいね!


   8時半に専用バスで


   


   車窓から
   山のないRIGAなので
   憧れの山に見立てた建物
c0216472_20392835.jpg


  









   
c0216472_20422738.jpg














c0216472_20441769.jpg














c0216472_20443262.jpg














c0216472_20444593.jpg














c0216472_20450557.jpg










   リガ城



c0216472_20453279.jpg







   リガ城は
   ポーランド
   スウエーデン
   ロシアの配下に置かれ支配者が変わるたびに増改築された
   創建当時の面影はない






   現在では博物館と大統領府が置かれています






c0216472_20455351.jpg





















c0216472_21034872.jpg
   傷跡が残されています















c0216472_20504406.jpg















c0216472_20461501.jpg















c0216472_20482924.jpg














c0216472_21052166.jpg










   あるベルタ通りには

   19世紀後半
   ヨーロッパで流行した新芸術様式の強い影響を受けた建造物がたくさん見られました

   曲線や植物模様
   人体像を用いた過度な装飾的デザイン

   ユーゲントシュテイールの建築群


c0216472_20494825.jpg
 
















c0216472_20465480.jpg













 
c0216472_20513747.jpg




   








   三人兄弟の家
   
   ラトビアの世界遺産
   三連をなすリガの典型的建造物



   右
   15世紀建築のリガ最古の石像住宅
   階段式の切妻屋根とゴシックの壁の装飾



   中央
   淡い黄色
   17世紀建築
   オランダのマニエリスム様式



   
   左
   17世紀待つ建設
   グリーンの外壁の末っ子は
   二軒に比べ狭い
   バロック様式





c0216472_20524780.jpg







   中央の建物に入っていく人がいて
   中を見てみたかったなぁ




   
c0216472_21001792.jpg






   ここはCafeでしょうか?
   のんびりとお茶したかったわ





   
c0216472_21005389.jpg










   LAND ROVER

   イヴォーグにたくさん遭遇して
   主人はウキウキ!!!(笑)



   


   猫の家

   ラトビアのリガ旧市街のリーヴ広場北側にある猫の家
   屋根の上に背伸びする猫が印象的



   
c0216472_21021166.jpg
 













c0216472_21023686.jpg

















c0216472_21025089.jpg





   猫の家は以前は隣の大ギルドにお尻を向けていたと言われています

   ギルドはヨーロッパの商工業者たちで形成された組合ですが
   猫の家の家主は裕福なラトビア人
   隣にある大ギルドに入会を希望したらしいけどドイツ人のみが入会することが出来たため
   入会を断られたらしい
   その腹いせにギルドにお尻を向け猫を設置
   そのうち入会を認められるとくるりと向きは替えられたというお話が残っています





   リガはもともとドイツ人によって建設されたので
   ドイツよりドイツらしい町ともいわれています
 
   ドイツ人中心の社会の形成の中屋根の上の猫は 
   ドイツ人に対するラトビア人の怒りかもしれません




   この建物もユーゲントシュティール建築群の貴重な建物
 





   
c0216472_21224207.jpg














c0216472_21254105.jpg


















c0216472_21260660.jpg



















c0216472_21265863.jpg

















c0216472_21262671.jpg
   チョコを想像させるね












   街歩きの途中
   RIGA名物のチョコを購入
   

c0216472_21235164.jpg












   
c0216472_21244188.jpg



  



   笑顔の可愛い方で
   撮影させていただきました



   






   ブラックヘッドの会館

   ドイツ軍の空襲で破壊されたものの再建
   2000年に完成
   彫金細工とギリシャ神話の神々などの彫刻で装飾
   個性的
   月・日・時間・月例を刻む大時計は同じ物が出来ないように手掛けた職人の芽がくりぬかれたという言い伝えがあります

c0216472_21274752.jpg
   











c0216472_21283834.jpg


   右側の丸い時計の下には
   4大ハンザ都市
   リガ・ハンブルグ・リューベック・ブレーメンの紋章が
   浮き彫りにされ
   ギリシャ神話の出てくる神々が置かれています















c0216472_15194207.jpg


















   リガ大聖堂

   
c0216472_21410175.jpg














c0216472_21414041.jpg










   1211年から建設が始まった、現存するバルト三国最古の建築の一つ
   美しいステンドグラスの数々
















c0216472_22005070.jpg
















c0216472_21434158.jpg














c0216472_21435461.jpg














c0216472_21440658.jpg













c0216472_21442032.jpg
   
   













c0216472_21443689.jpg















c0216472_21445228.jpg









   素晴らしいよぉ
   パイプオルガン
  約7000本のパイプ(1883年製)

   世界で4番目


   毎日12時にはパイプオルガンのコンサートが行われる
   「リガ大聖堂のパイプオルガンを聴かずして、リガに来た意味がない」とも言われています





   ああ
   私はリガに来た意味がなかったのかなぁ💦
   


c0216472_22013972.jpg













   今日のパイプオルガンで引かれるナンバーです

c0216472_21450609.jpg



   讃美歌の番号







   
c0216472_21453172.jpg






   ドアも素敵!!!


   












   聖ヘテロ教会

   
c0216472_21580141.jpg











    





   
c0216472_21591550.jpg
















c0216472_21594393.jpg






   ブレーメンの音楽隊

   ロバの鼻に触ると願いが叶うんだよ

   上記にも書きましたが
   なんでここにブレーメンの音楽隊???
   リガとブレーメンは4大ハンザ都市だからですね

















   
c0216472_22023636.jpg















c0216472_22030068.jpg














c0216472_22032222.jpg









   石畳をいっぱい歩いて
   楽しみました





   そろそろタリンに向かいましょう






   車窓は
   青い空
   凍る川
   白樺林
   高い空
c0216472_22060049.jpg














c0216472_22044975.jpg













c0216472_22050331.jpg















   エストニア国旗が
   青空にはえるね




   
c0216472_22060049.jpg
   つづく

Commented by さなえbaba at 2018-04-27 10:52 x
こんにちは。
いいですね~
私も行きたいところの一つです!
娘夫婦は、何年か前に行ったようです。すごく北欧の好きな娘たちです!もちろん私も大好きですが!
何回も、何回も拝見してます!
私たちは、ニュージーランドに行ってきました。
マウントクックも快晴で、すごくきれいでした。
デカポのコバルトブルーの氷河湖や星空もとってもきれいでした。ニュージーランド、また出かけたい国の一つになりました。
Commented by kurumi127 at 2018-05-03 18:46
さなえbabaさん
返信遅くなってすいません。

息子が好きな国の一つにストーカーのように
いつか出かけたくって食べしてきました。

バルト三国中心にもっとゆっくりって思って
ポーランドやロシアは付録のように思っていたのですが。。。
何処も素敵な国で、私も大好きな国の一つになりました。

トランジットのヘルシンキもおまけのように過ごせることが出来ました。

ニュージーランドですか。
いいですねぇ。
行きたい国の一つでもあります。

コメントありがとうございました♡
by kurumi127 | 2018-03-28 00:00 | おでかけ | Comments(2)

小さな幸せをゆるーり綴った日記


by kurumi127
プロフィールを見る
画像一覧