ブログトップ

**思うこと・・・**

   仕事が終わって  
   その足で
   主人の実家へ


   誰も住まなくなった家にも
   段々慣れて来て
   住人のいなくなったことへの寂しさは
   どこかに行き
   落ち着いた気持ちで
   いられるように日を重ねる毎になってきた


   

   少しずついろいろな経験や
   年令を重ねることで
   諦めや
   相手を自分流の常識に沿わせる事のむつかしさや
   余りにものかけ離れた考えの相違に対し
   怒ることは
   自分にとって不利益なことにしかならないことが
   やっとやっとわかってきた




   いろんな気持ちを押し殺して
   私は
   誰がどう言おうと
   どう思われようと
   信じる道を進むしかない




   亡き両親の
   遺品を整理しながら
   

   やっと
   穏やかな気持が戻ってきた



   長男の嫁として
   実家の両親が育ててくれた教えを
   私は私らしく
   貫いていきたい



   

   自分を信じて
   進んでいきたい




   そう思った
   秋の日





   落ち着きを取り戻せるようになった
   主人の実家
   ここで私は二人の子供を授かった
   主人の両親とともに暮らし
   たくさんの思いでが詰まっている


   やっとやっと
   ちょっとちょっと
   優しい自分が取り戻せた



   お父さん
   お母さん
   見ていてね



   
by kurumi127 | 2015-10-06 23:29 | 日々の暮らし | Comments(0)